新着ニュース&ブログ

いよいよウインドシーズンの到来か!

2018.11.28

早いもので、今週末からいよいよ12月の師走に入ります。

そして、やっと寒気も南下してきて、いよいよ冬のウインドシーズンの到来となりそうです。

まずは、今週末の12月1日(土)は、北海道付近を低気圧が通過して、北日本を中心に冬型の気圧配置になりそうです。

F001C6F9-5777-41C0-9E3B-B848550D7447

その影響で、湘南などでは北寄りの風が弱く吹く程度となりそうですが、御前崎では、北西寄りの風が13〜15m/s程度吹いてきそうです。南寄りの波は弱まってしまいそうですが、そこそこウインドサーフィンは楽しめそうです。

2日(日)は、冬型の気圧配置は緩み、高気圧に覆われる見込みです。

B00E1451-EDB6-4023-8C7C-11E480155CC1

ただし、御前崎では東寄りの風が、8〜9m/s程度吹きそうです。

ちょうど今週末は、静岡県掛川市菊川ポイントにて、JWA JAPAN TOUR スラローム第2戦 掛川スラロームが開催されるので、楽しみですね。

3日(月)は、日本付近を覆っていた高気圧は東海上へ進み、西からは低気圧からのびる前線が徐々に南下してくるので、西日本から東日本にかけて南寄りの風が強まりそうです。

F4D86991-1E06-471C-8ACD-1E98B1495528

湘南などでは、10〜12m/s程度吹き、高気圧からの吹き出しによる南東〜南寄りのうねりも少し入りそうなので、ウェイブが楽しめそうです。

4日(火)は、前線がさらに南下してきそうなので、南西寄りの風に変わり、12〜15m/s程度吹きそうです。湘南などでは引き続きウェイブが楽しめるでしょう。

48EE1A3F-2BCC-44EA-BDE5-2BBA98914E78

ただし、前線の動きによっては午後は弱まる可能性もあるので、まず早めが良いかも。

5日(水)は、一旦高気圧に覆われそうですが、6日(木)から8日(土)にかけては日本海を低気圧が北東へ進み、寒気が南下して冬型の気圧配置が続きそうなので、御前崎では、北西寄りの風が吹き続けそうです。

湘南でも、寒気が強ければ、西寄りの風が吹く可能性もあります。

04E97CF6-4B17-45FC-8214-3359DEC37D16

 

 

79B14AD8-A08B-4FE5-9295-EE3830F47278

 

7866D353-E0FF-4E72-A65E-C66767F269C6

いよいよウインドシーズンの到来なので、これからの気圧配置は要チェックです!

11月28日(水)午後3時発表

情報提供:WATER  KIDS JAPAN

                小川和幸気象予報士


今年最後の台風うねり?

2018.11.19

今日現在、フィリピンの南東海上には熱帯低気圧がありますが、この熱帯低気圧は明日には台風になる可能性があります。でも、そのまま北西へ進んでいきそうなので、日本にそのうねりが届くことはなさそうです。

しかし、そのあとにまた新たな台風が発生する可能性があります。

今のところ、明日20日(火)の夕方か夜あたりに、日本のはるか南東海上に熱帯低気圧が発生し、それが20日(火)の夜か21日(水)の未明ころに台風になる可能性があります。

112100

(11月21日(水)午前0時予想天気図)

その後、徐々に発達しながら北西へ進み、22日(木)ころにはマリアナ諸島付近を通過して、23日(金)から24日(土)ころにはなお発達しながら進路を北から北東へ変え、小笠原諸島の南海上を通過して、25日(日)から26日(月)にかけて東海上へ遠ざかっていく見込みです。

112406

(11月24日(土)午前6時予想天気図)

日本へは、24日(土)の朝には沖縄から奄美、そして西日本から東日本の太平洋側の広い範囲にこの台風からの南~南東寄りのうねりが到達する可能性があり、夕方までにはさらにうねりが強まって、東北の太平洋側にも到達する可能性があります。

112406period

(11月24日(土)午前6時波浪周期予想図)

その後、25日(日)も台風からの南寄りのうねりは強まりながら続き、風も西高東低の弱い冬型の気圧配置となりそうなので、北寄りの風によりうねりは整えられ、どこも中上級者を中心にサーフィンは楽しめそうです。ちなみに御前崎などでは、西寄りの風により、ウインドサーフィンのウェイブが楽しめそうです。

112512

(11月25日(日)正午予想天気図)

26日(月)は、徐々に冬型の気圧配置は緩みそうなので、南寄りのうねりは徐々に北寄りの風に抑えられ、弱まりつつも、再び反応が良くなる可能性があります。

27日(火)は、さらにうねりは弱まってしまいそうですが、朝のうちであれば、冬型の気圧配置は弱まり、高気圧に覆われそうなので、何とか遊べそうです。ただし、午後になると、次の上空の寒気の影響で東~北日本は強い南西~西寄りの風が吹いてきそうです。湘南などでは、台風からのうねりはすでに弱まっているかもしれませんが、久しぶりにウインドサーフィンのウェイブが楽しめるかもしれません。

まだ台風になるかどうかもわからない中での予報なので、まだ何とも言えませんが、今年最後の台風うねりになるかもしれないので、期待したいところですね。

ただし、台風の動きによっては大きく予報が変わる可能性もあるので、今後の台風情報には十分に気を付けてください。

 

11月19日(月)午後2時発表

情報提供:WATER KIDS JAPAN

小川和幸気象予報士

 


まだまだ南海上から目が離せませんよ!

2018.11.16

今日11/16(金)現在、南海上には熱帯低気圧になりそうな雲のかたまりがあります。

この雲のかたまりが、このあと徐々にまとまりだして、熱帯低気圧から台風になる可能性があります。

まだ、何とも言えませんが、現在の予想だと、このあと徐々に発達しながらあすかあさってには熱帯低気圧から台風になる可能性があります。ただし、コースとしては、そのまま西へ進み、フィリピンの方へ進んでいく見込みです。

111909

(11月19日(月)午前9時予想天気図)

そうなれば、21日(水)ころには沖縄へ、22日(木)ころには奄美から西日本の太平洋側へ、23日(金)ころには東日本の太平洋側へ、この台風からの南寄りのうねりが届く可能性があります。ただし、台風があまり強くないのと、あまり大きくないので、うねりとしては、台風スウェルという感じではないかもしれませんが。

112309

(11月23日(金)午前9時波浪(周期)予想図)

また、その後、23日(金)ころには、新たな台風が南海上に発生する可能性もあります。

この季節になると、台風が発生したとしても、それほど発達はしなく、日本付近にも接近してこないので、あまり強いうねりは到達しなさそうですが、まだまだ発生する可能性はあるので、多少は期待したいと思います。

南海上からは、まだまだ目が離せませんよ!

 

11月16日(金)正午発表

WATER KIDS JAPAN 気象予報士 小川和幸気象予報士


過去の投稿一覧

PageTop