新着ニュース&ブログ

ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会の気象について

2019.05.09

世界のウインドサーフィンのスラローム大会である「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会」がいよいよ明日から神奈川県の津久井浜海岸にて開催されます。

大会会場ではほぼ準備が整い、あとは明日からの大会が開催されるのを待つのみとなっています。また、世界からのトッププロ選手たちはすでに会場入りして、良い風が吹いていたきょうは、大会会場にて最終調整をしていました。

p1

p2

p3

あす10日(金)から始まるこの大会は15日(水)まで開催されているので、お時間のある方は、ぜひ会場まで足を運んでいただき、間近で世界のトッププロ選手たちの走りを観てみてください。もちろん、日本のトッププロ選手たちも出場しますので、世界にどこまで通用するかが非常に楽しみです。

さて、気になる大会期間中の風はどうなのでしょうか。

今後の気象について、簡単に解説いたします。

 

大会初日となる明日10日(金)は、高気圧に覆われるものの、南海上には弱い気圧の谷があり、小さな低気圧が接近してきそうです。ただし、大きな影響はなく、午後は多少雲が出てきますが、午前中は晴れてくるでしょう。

風は、午前中は北寄りの風が弱く吹く程度で、午後から多少南寄りの風が吹いてくるでしょう。今のところ、午後は4~6m/s程度吹く可能性があります。

(5月10日(金)午前9時予想天気図)

5.10

 

11日(土)も、日本海北部に中心を持つ高気圧に覆われるものの、引き続き、南海上には弱い低気圧や気圧の谷が停滞するでしょう。その影響で雲が多い1日となるでしょう。

風は、午前中のうちは弱い北~北東寄りの風で、午後から南~南東寄りの風が吹いてきそうです。強く吹いても4~5m/s程度でしょう。

(5月11日(土)午前9時予想天気図)

5.11

 

12日(日)は、日本海北部に中心を持つ高気圧が徐々に東へ進みそうです。天気は雲が多少出やすいもののおおむね晴れるでしょう。

風は、朝のうちは弱い北東寄りの風ですが、昼前ころから南東寄りの風が吹いてきて、午後には南東~南寄りの風となりそうです。ただしあまり強まることはなく、吹いたとしても5~6m/s程度でしょう。

(5月12日(日)午前9時予想天気図)

5.12

 

13日(月)は、さらに高気圧の中心が東へ移動してきそうです。その影響で、晴れそうですが、雲も出やすいでしょう。

風は、午前中から南東寄りの風が吹き続け、午後にかけて南寄りに変わりつつ多少強まってきそうです。午後には南寄りの風が6~7m/s程度となる可能性があります。

(5月13日(月)午前9時予想天気図)

5.13

 

14日(火)は、さらに高気圧は東海上へ進んでいく見込みです。1日通して雲が多い日となるでしょう。

風は、朝から南西寄りの風が吹きそうで、午前中から7~8m/s程度は吹きそうで、午後にはさらに強まり、9~11m/s程度吹いてくるでしょう。

(5月14日(火)午前9時予想天気図)

5.14

 

最終日となる15日(水)は、さらに高気圧は東海上へ遠ざかり、雲が多くなりそうです。

風は、14日(火)同様に朝から南西寄りの風が吹き続け、午前中は7~8m/sで、午後には9~11m/s程度となりそうです。

(5月15日(水)午前9時予想天気図)

5.15

 

このように、大会期間中の前半は微風が予想されますが、後半は南~南西寄りの風が強まる可能性が出てきました。風さえ吹けば本来の白熱したスラロームレースが多く行われる可能性があります。また、前半の微風でも、日射によるオンショアが多少強まる可能性もあり、弱くても正式種目となっているフォイルレースは十分に行われる可能性がありますので、こちらも多少は期待できそうです。世界のフォイルレースも間近で観れるチャンスなので、こちらも見逃せません。

なお、高気圧や低気圧の動きによっては大きく予報が変わる可能性がありますので、常に最新の気象情報をご確認ください。

 

情報提供:WATER KIDS JAPAN

小川和幸気象予報士

5月9日(木)午後10時発表


5月10日(金)からの気象について

2019.05.07

さて、いよいよ今週の10日(金)より、神奈川県津久井浜海岸にて、[ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀•三浦大会]が開催されます。

世界のワールドカップ選手たちが集結して、世界のスラロームレースが間近で観れるチャンスです。もちろん、日本のトッププロ選手たちも出場します。ぜひ、お時間のある方は観に行きましょう。

 

ところで、今日時点での気になるその時の気象について、簡単に解説いたします。

まず、大会初日となる10日(金)は、気圧の谷が抜けて南海上から高気圧が張り出してくる見込みです。お天気は雲は多少出るものの、大きな崩れはなく、晴れるでしょう。

風は、朝のうちは弱い北寄りの風ですが、昼前頃から東〜南東寄りに、そして午後には南〜南西寄りに変わって少し吹いてきそうです。最大で4〜6m/s程度でしょう。

(5月10日(金)午前9時予想天気図)

E035CB5B-8AB5-4A4E-9768-4880E28F2CF4

11日(土)は、引き続き高気圧に覆われそうですが、多少東へ進むので、多少雲が出てきそうです。

風は、高気圧からの吹き出しで、朝から南〜南西寄りの風が吹き続けそうです。

午前中から6〜8m/s程度吹いてくる可能性があります。

(5月11日(土)午前9時予想天気図)

838E825C-230F-4258-9296-5D6C5A1329EE

12日(日)は、南海上に低気圧が近づいてきそうです。その影響で雲が多く、雨も降りやすいでしょう。

風は、北東寄りの風が朝から吹いてきそうです。午前中は、4〜5m/s程度、午後は東寄りに変わり、4〜5m/s程度吹いてくるでしょう。

(5月12日(日)午前9時予想天気図)

53B98BA2-6137-4BEE-87EE-EA0D414DC1BB

13日(月)は、東海上に抜けた低気圧は弱まり、オホーツク海に中心を持つ高気圧に覆われそうです。引き続き、雲が多いお天気となるでしょう。

風は、午前中は北〜北東寄りの風が6〜7m/s程度、午後には東〜南東寄りに変わりつつ4〜5m/s程度となるでしょう。

(5月13日(月)午前9時予想天気図)

B556A6EA-5980-47DC-AECB-88144651E829

14日(火)は、高気圧が次第に東へ進み、西からは気圧の谷が近づいてきそうです。雲が多いお天気となるでしょう。

風は、初め弱い南寄りの風ですが、午後にかけて南〜南東寄りの風が多少強まる可能性があります。

(5月14日(火)午前9時予想天気図)

34854355-A76A-4FC0-8E96-DE93F504F511

15日(水)は、気圧の谷は抜けて高気圧に覆われてくる見込みです。

風は北東寄りの風が弱く吹く程度でしょう。

(5月15日(水)午前9時予想天気図)

6F9FCDAF-3B0A-4194-8913-352572E10F65

今のところこのような気象となっていますが、この時期は日々予報が変わりやすいので、大きく変わる可能性もあります。常に最新の気象情報を確認するようにしましょう。

 

情報提供:WATER KIDS JAPAN

小川和幸気象予報士

5月7日(火)午前11時発表


GW前半の気象について

2019.04.25

いよいよ今週末から待ちに待ったGWの始まりです。

それに平成が終わり、記念すべき令和の始まりでもあります。

お天気に合わせて有意義に過ごしたいところですね。

それでは、気になる湘南のGW前半の気象について簡単に解説いたします。

 

まず、27日(土)は、南海上にあった前線が北上し、その前線上に低気圧が発生して朝に関東地方を通過していく見込みです。また、低気圧が東海上へ進むにつれて、一時的に冬型の気圧配置となるでしょう。その影響で、湘南では、朝から雲が多く、朝方は雨が降っている場所もありそうです。

風は、午前中にかけて北~北東寄りの風が強めに吹き、おそらく強いところで8~9m/s程度吹きそうです。また、夜も一時的に北寄りの風が強まる可能性があります。

波は、それまで続いていた南東~南~南西寄りのうねりは抑えられ、スモールとなってしまうでしょう。ちなみに、御前崎方面では、冬型の気圧配置となることで、西北西寄りの風が強まり、特に午後には15~18m/s程度吹いてくるでしょう。御前崎では、春のウェイブが楽しめそうです。

(4月27日(土)午前9時予想天気図)

4.27

 

28日(日)は、西から張り出す高気圧に覆われてきそうです。お天気も回復してくるでしょう。

北寄りの風は弱まり、午前中は北~北東寄りの風が4~5m/s程度で、午後は南東~南寄りに変わってきそうですが、あまり強まることはなく、3~4m/s程度でしょう。

波は、湘南ではスモールが続き、弱い南東寄りのうねりが続く程度でしょう。

(4月28日(日)午前9時予想天気図)

4.28

 

29日(月)は、日本付近を覆っていた高気圧の中心が徐々に東海上へ遠ざかっていく見込みです。お天気も晴れが続きそうですが、午後からは雲が出やすいでしょう。

風は、朝から弱い南寄りの風が吹き続け、午後にかけて多少強まりそうです。午前中は、6~7m/s程度で、午後には7~8m/s程度となるでしょう。

波は、面はザワつきつつも南東寄りのうねりは弱く続き、午後には南東寄りのうねりや、風の強まり次第では、多少南寄りの風波が強まってくる可能性もあります。

(4月29日(月)午前9時予想天気図)

4.29

 

30日(火)は、高気圧がさらに東へ遠ざかり、西からは新たな気圧の谷が近づいてくる見込みです。その影響で、お天気は西から下り坂となるでしょう。

風は、朝から南~南西寄りの風が吹き続けそうです。ただし、今のところそこまで強まりそうもありませんが、西から近づく低気圧次第では強まってくる可能性もあります。今のところ、1日通して吹いたり弱まったりの不安定な風となりそうですが、平均して6~8m/s程度でしょう。

波は、面はザワつき、遠ざかる高気圧からの吹き出しによる南東寄りのうねりが多少強まってくるでしょう。

(4月30日(火)午前9時予想天気図)

4.30

 

5月1日(水)は、低気圧から伸びる前線が朝のうちに関東地方を通過して、そのまま停滞する可能性があります。お天気は雲が多く、前線の動き次第では雨が降りやすく、大気の状態も不安定となりそうなので、雷の可能性もあります。

風は、前線の通過時には南寄りの風が強まり、その後は前線の位置にもよりますが、弱い南寄りの風か北寄りの風となるでしょう。

波は、引き続き南東寄りのうねりが何とか続き、前線の通過に伴って南寄りの風波も強まる可能性もあります。

(5月1日(木)午前9時予想天気図)

5.0

 

2日(木)は、前線が南海上に南下していく見込みです。お天気は引き続き雲は多くなりそうですが、前線の位置次第では、晴れ間も出る時もあるでしょう。

風は、朝から午前中のうちは北~北東寄りの風が弱く、午後には南寄りも変わって多少強まる可能性もあります。

波は、南~南東寄りのうねりが何とか続くでしょう。

(5月2日(木)午前9時予想天気図)

5.2

 

今のところこんな感じです。

なお、前線や低気圧の動きなどによって大きく予報が変わる可能性もありますので、常に最新の気象情報をチェックして、注意報や警報等にも注意して、安全にマリンスポーツを楽しみましょう。

 

4月25日(木)午後5時発表

情報提供:WATER KIDS JAPAN

小川和幸気象予報士

 

 

 


過去の投稿一覧

PageTop